指輪

おしゃれな結婚指輪を探すならケイ・ウノにお任せ

婚約した際に付ける指輪

ハート

指輪の起源

結婚の誓いを立てたカップルが、婚約の記念としてはめるのが婚約指輪です。仙台の宝飾店を始め、日本全国に婚約指輪を扱うお店が数多くあります。実は、婚約指輪の起源は2千年以上前のローマに遡ります。当時のローマでは、婚約の証で力の象徴を意味する鉄のバンドを贈るのが通例でした。指輪を贈り合うようになったのは、9世紀に入ってからです。教皇ニコラス一世から、夫は経済的な犠牲を払う高価な指輪を贈るべきという命令が出たのです。高価な指輪を贈る事で、夫に何かあった時でもお金に替えられるようにと言う考えでした。日本に婚約指輪が導入されたのは、鎖国の影響のために随分後になってからです。指輪のような宝飾品が入ってきたのも遅く、開国後の明治時代だったといわれています。明治以降、次第に婚約指輪という風習が徐々に浸透するようになりました。

満足いく指輪の選び方

婚約指輪を購入するために、仙台の多くの方は宝飾店を利用されます。実際にお店で直接、指輪を確認できるので、満足いく婚約指輪を購入できるからです。しかし、注意点もあります。それは、まずお店の人にきちんと予算を明確に伝えることです。販売する側は、予算を把握しながら、こちらの希望にあった指輪を提案してくれるからです。予算を曖昧にすると、店員も指輪選びの基準がわからず困惑します。なので、お店に入って一番に予算を伝える必要があります。また、仙台のお店では、気に入ったデザインの指輪を遠慮なく試着すると良いです。なぜなら、自身の好きなデザインと似合うデザインは違うことが多いからです。鏡で客観的に見ることで、自分に似合うものが分かります。